入国者数の上限撤廃検討 政府、10月までメドに判断

政府は10月までをメドに新型コロナウイルスの水際対策で導入している1日あたりの入国者数の上限を撤廃する調整に入ったとの一報がありました。 大きく3つの変更が予想されます。

  • 現在の1日の入国者数5万人の上限をなくす。

  • 個人旅行客(FIT)の受け入れの解禁

  • 短期滞在での査証(ビザ)取得の免除

主要7カ国(G7)のうち新型コロナ対策で入国者数の上限を設けているのは現時点で日本のみで世界と足並みを揃えることになりそうです。


入国者の感染対策をどうするのかなど細かい調整は必要にはなりますが宿泊事業者にとっては吉報と捉えられています


緩和が実現した場合この秋以降、円安も背景に日本への観光客の増加も見込まれます。 今からできることの準備を進めたいですね。

閲覧数:13回0件のコメント