top of page

関西観光本部とAirbnb Japanが2025年の大阪・関西万博を見据えた包括連携協定を締結


4/13に行われた協定式の場で弊クラブメンバーの西出真也がホストゲストスピーカーとしてご挨拶させていただきました。




大阪、京都に集中している宿泊から関西広域での周遊観光につなげていくうえで今回の協定はとても意義あるものとなると考えられています。


大阪ホストコミュニティとしても今後関西衛星部でのコミュニティとの繋がりを増やすことを試みていく予定です。




以下協定の趣旨です。




一般財団法人関西観光本部とAirbnbの日本法人、Airbnb Japan株式会社は13日、2025年の大阪・関西万博に向けてインバウンド旅行客をターゲットに、ホームシェアリングを活用した交流型観光と広域周遊を推進していくため、関西の自治体および経済団体等と連携する包括連携協定を締結しました。

主な包括連携協定の目的は以下の通りです。

  1. インバウンド旅行客に向けた交流型観光・広域周遊の推進

  2. 関西の自治体および経済団体等との連携強化

  3. 観光コンテンツのオンライン化の促進とグローバルへの情報発信

この度両者間で合意した包括連携協定では、ちょうどあと2年に迫った2025年の大阪・関西万博に向けて、Airbnbに宿泊しながら行う関西地域の観光を促進することに加えて、関西圏各府県の特色や生活文化等の魅力を世界に発信、関西広域への集客を強化することで地域経済の発展に貢献していくことを目指します。また、Airbnbを活用したインバウンド旅行客によく見られる、旅行地でのローカルな体験がコンテンツになる交流型観光と、連泊での旅行やAirbnbのホスト(宿泊施設の所有・運営者)同士が繋がり、そこから新しい旅の動線ができる広域周遊といった特徴を生かし、特に既存の大型の宿泊施設が少ない地域での観光を推進していきます。



【具体的な連携項目(予定)】

  1. インバウンド旅行客に向けた交流型観光の推進

    • 大阪・関西万博が開催される2025年に向けて、関西観光本部とAirbnb Japanが地域との交流を促進する交流型観光を相互に連携・推進

    • 関西地域での長期滞在等の新しいニーズへの対応を強化するとともに、昨今国内で大きな社会問題である空き家等を活用した宿泊施設づくりをAirbnb Japanがサポートするなど、Airbnb Japanが得意とする旅行スタイルによる地域の課題解決に取り組み、地域経済の発展に貢献

    • 特に既存の大型の宿泊施設が少ない地域において、今後2025年の大阪・関西万博に向けて、インバウンド旅行客に地域コミュニティと繋がりながら長期滞在を行うなど、忘れられない旅行体験を提供


  1. 関西の自治体および経済団体等との連携強化

    • 2025年大阪・関西万博の開催にあたり、万博来場者を関西観光に誘う「万博プラス関西観光推進事業」を関西の各自治体および経済団体等と連携して推進


  1. 観光コンテンツのオンライン化の促進とグローバルへの情報発信

    • Airbnbの特徴的な観光コンテンツ(ゲストが予約可能な新規・既存の宿泊施設等)のオンライン化を推進し、両者のコミュニケーションチャネル等を通じて、関西の魅力を日本国内およびグローバルに情報発信


<関西観光本部について>

関西観光本部は、関西2府8県(福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県)を対象エリアとした関西唯一の「広域連携DMO」として、2017年11月に観光庁に正式登録されました。関西の自治体、経済団体、観光振興団体、観光関連を中心とした民間事業者等が参画し、府県や官民の枠にとらわれない組織として、その自由度と広域性を発揮しながら、関西広域でのインバウンド(訪日外国人旅行)をはじめとする、観光振興に取り組んでいます。









0件のコメント

Kommentare


bottom of page